ひろぴー流MT4裁量取引セミナー

世界基準のFXツール・MT4で裁量トレードを行う方法を、専業トレーダーとして活躍中のひろぴー氏がFX資金管理の基本から解説します。

 
 

ひろぴー流 FXトレードの考え方

FX始めて3ヶ月~半年程度の初心者で、ある程度FXには慣れたけれど、なかなか勝てない、損切りがうまくいかない、収益が安定しない、大損してしまう、そんな方向けの動画配信です。

※口座申込み完了日時が2020年5月2日AM9:00以降のお口座では、FX自動売買プログラム(EA)を組み込んで行う自動売買取引はできません。

【概要】
①ひろぴー流トレードの原則とは
 ・勝率はどのくらいが適切?理想のリスクリワード(損小利大)について
 ・利食いと損切り、どちらを先に決める?
 ・「引きつける」トレード
②ミニターミナルを使った資金管理の例
 ・資金50万円で5,000通貨(0.05ロット)買うと実質レバレッジはどれくらい?
③誰でもできるリスク管理
 ・コストの意識を持つ
④複利の原理を覚えよう
⑤初心者がやりがちな失敗例とは?
 ・コツコツドカーーン

20160331_仕様確認はこちら
20160331_お取引までの流れはこちら

ローソク足トレードとダウ理論

前回のひろぴー流FXトレードの考え方を踏まえたうえでこれを聞くと、シンプルに、市場と対話ができるようになります。

【概要】
①ローソク足は、日本人が発明した世界最高のテクニカル分析
ローソク足1本1本から、その間の攻防を想像

②トレンド発生中から反転を狙う方法を紹介【チャートで実践】
トレンドが発生してもすぐに飛びつかない
トレンドラインを引いて、トレンドの成熟具合を推し測る

③市場参加者全員が逃げたくなる心理とは?
利食いに失敗した人はどこで逃げる(損切り・利食い確定)?
トレンド365日のテーマ


兼業トレーダーのための「スイングトレードの基本」

サラリーマン兼業トレーダーとしてFX界でも話題のひろぴーさん。最近では、脱サラしFXトレードへ専念する為に「専業トレーダー」へ転身。

専業トレーダーに転身後も、日々のコラム執筆のかたわら兼業トレーダー時代と特に変わらず落ち着いたスイングトレードを続けてられています。

◎オンラインセミナー「スイングトレードの基本~兼業トレーダーがうまくFXと付き合うためには。」
「会社員、OL、主婦。いわゆる「兼業トレーダー」の方向けのFXトレード「スイングトレード」を紹介したいと思います。会社員やOLなら出社前、昼休み、帰宅後など、チャートを見られる時間帯や周期に合わせた時間足を選んでトレードができます。落ち着いてトレードでき、利益を引っ張れる投資家になれるために、まず日足・週足でスイングトレードを実践してみましょう、というお誘いです。」(ひろぴー)

【概要】
①FXトレードの考え方の復習(1回目動画)
【参考】第1回セミナー「ひろぴー流FXトレードの考え方」

②スイングトレードの基本
 ・サラリーマン・主婦の生活に最適な時間足・チャートを見るタイミングとは?
 ・日足・週足だとドル円だけだとチャンスが少ない→他の通貨ペアでもトレードしよう
 ・トレンドが出ているときはスプレッドをケチらないこと!(過剰トレードによるコストには注意)
 ・方向さえ合っていれば、テクニカルにはこだわりすぎない。
③日足・週足でトレード実践してみる。
 ・週足・月足でも十分楽しめる。
 ・落ち着いたトレードが身につけば、時間足を下げてみよう。

「やっと為替の世界に一矢報えた」
ひろぴー氏が初めてトレードで大成功した思い出深いチャートとは?

なぜ成功できのか?その背景の考え方は、今後のセミナーで紹介予定です。

思い出深いチャート

 

ひろぴー式MT4チャート解説(移動平均線+RCI)

第2回「ローソク足トレードとダウ理論」の延長・ステップ2のお話です。まだ見ていない方は、そちらを先にご覧いただいてからこちらを視聴いただくと、より理解が深まります。

ローソク足トレードを参考に、移動平均線をつけて調整相場を狙ってみよう、という内容です。

◎解説ページ⇒「ひろぴー式MT4チャート解説・調整波トレード」

【概要】
①ひろぴー式MT4チャートの構成(移動平均線)
 ・EMA62,EMA144,SMA200がFXトレードの基本
②誰が最後にババを引くのか?
 ・一番最後に遅れたプレイヤー
 ・調整波が発生。「ダウ理論」
 ・ひろぴー氏が始めてトレードで大成功した思い出のチャート
 ・推進波と調整波
③調整波トレード。テクニカルの特徴
 ・DMA25×5がサポートラインとしてワークした例
④RCIを有効活用しよう
 ・RCIのエントリータイミング
⑤ローソク足トレードをイメージして、テクニカルは後付け
 ・おまけ:SMA800線を表示させている理由


FXTF MT4サービス5周年記念 山中康司×ひろぴー特別対談

FXTF MT4サービス5周年を記念し、MT4教育の第一人者である山中康司氏と、MT4をメイン取引ツールとする個人投資家ひろぴー氏による特別対談セミナーが実現。

過去5年間のチャートをもとに、記憶に残るトレードを振り返ります。
(メイン解説者:ひろぴー氏、司会・コメント:山中康司氏)。

◎セミナー解説ページ
FXTF MT4サービス5周年記念 山中康司×ひろぴー特別対談

【対談のテーマ】
①いつからFXを始めたのか?
②主な取引手法
③トレードスタイル
④PCとスマホどちらでトレード?
⑤なぜMT4を取引ツールに選んだのか?
⑥FXTF MT4を使っている理由とは?
⑦過去5年間のベストトレード・ワーストトレード
最後に:個人投資家の皆様へメッセージ

▼ストラテジーテスターで相場感覚を養う
ストラテジーテスターは、通常EA自動売買のバックテスト(過去の価格データを元にしたシミュレーション)のためのツールです。

ひろぴー氏は、ストラテジーテスターを使って様々な通貨ペアで過去のチャートを繰り返し再生し、相場の感覚を養うために活用しました。

◎解説ページ
ストラテジーテスターで相場感覚を養う



ひろぴープロフィール

ひろぴー ひろぴー
サラリーマン兼業トレーダーとしてFX界でも話題のひろぴーさん。最近では、脱サラしFXトレードへ専念する為に「専業トレーダー」へ転身。
スイングトレードを得意とし、FXを副業として無理せず稼げるトレード方法を日々研究されているトレーダー。
株やオプション、FXを中心にして資産を運用中。ザイFX・みんなの外為など多数記事執筆歴あり。
MT4をメインの取引ツールとしている。

ひろぴーの読むFX:http://fxhiropi13.com/
ひろぴーTwitter:https://twitter.com/hiropi_fx
ひろぴー執筆中のFX実践トレード記事:FXTF公式ブログ(MT4ブログ)